読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と海とサッカーと日常のdialy

文章力のない自分が成長していくためのブログです。

新婚旅行⑥ウルル、カタジュタ散策

本日は朝から散策の1日です。そして新婚旅行も折り返し。

 

昨日は日の入りを眺めましたが、本日は日の出を見に行ったあとに、ウルル登頂。

 

 

f:id:summer_resort:20170404125438j:plain

 

 

f:id:summer_resort:20170404125452j:plain

 

 

f:id:summer_resort:20170404125555j:plain

 

 

f:id:summer_resort:20170404125622j:plain

 

 

今日も時間帯によって姿を変えるウルル。

 

このあとバスでふもとまで移動したのですが本日は風が強いため登ることができませんでした。

 

実はウルルは登れる日が年間の1/3ほどしかないのです。理由は死者が結構出ているから。

 

とっても急斜面のウルル、登って行くには杭を打ってある鎖を伝いながら登らなければなりません。毎年転落して亡くなられる方がいるとのこと。なので風が強いとすぐに閉山になってしまうのです。周りに何もない場所なので思いの外風が強く吹いています。行く前から知っていましたが3月は熱いので5日くらいしか登れる日がないのです。

 

また、気温が高い日もダメです。最高気温が一定の気温を超えると閉じてしまいます。登っている途中で脱水症状になると、自分では降りることができないのでヘリコプターで救出に来てくれます🚁探し回り何十キロ何もないこの場所ではヘリを読んでから来るまでに2時間とかかかるとのこと。ちなみに本日の最高気温は37度。日陰のないウルルで待機しているとそのまま死んでしまうそうです。ちなみにウルル散策の参加には1リットル以上の水の持参が義務付けられています。

 

僕たちにとっては観光地でも原住民のアボリジニにとっては大切な聖地。その聖地で人がなくなることをアボリジニはよく思っているはずがありません。毎年登れる日が減っているそうで、2020年には閉山するそうです。(一年前くらいになったら政府も発表するとのこと)欧米向けのツアーはすでになくなり、今ツアーを行っているのは日本の実です。 

 

ということで、ウルルの周りを散策。全体が見える景色が一番ですが、近くからウルルも外壁が色鮮やかで美しいです。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404105949j:image

 

 

f:id:summer_resort:20170404125353j:plain

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404125913j:plain

 

 

f:id:summer_resort:20170404125951j:plain

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404130010j:plain

 

 

f:id:summer_resort:20170404130303j:plain

 

 

ただただ存在している岩の景色も眺めがいいのですが、途中洞窟のような場所や、壁画があり、その解説を受けながら散策していきます。

 

2か所を合計1時間弱の散策で終了。

 

一度リゾートに戻ります。

 

午後までは数時間空きがあるのでキャメル牧場に行きました。ラクダです。

 

f:id:summer_resort:20170404130435j:plain

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404130501j:plain

 

 

 

  • f:id:summer_resort:20170404130531j:plain

 

 

オーストラリアにはラクダは元々いなかったのですが、エアーズロックリゾートをつく多白人が連れてきました。当時は重要な移動手段だったのですが、交通が発達した現在は不要になってしまい政府が逃がしてしまったんだそうです。その後天敵のいないラクダは大増殖、もう少しで100万頭とのこと。オーストラリアはラクダの楽園なんですね。

 

 

f:id:summer_resort:20170404130817j:plain

 

 

そして、午後はもう一つの世界遺産、カタジュタに移動。

 

日本人にはあまりなじみのないかもしれませんが(すいません、自分はよく知りませんでした)こちらも大変有名です。

 

ウルルよりは小さいですが、たくさんの岩が並んでいます。

 

正直に言います。

 

ウルルよりもカタジュタの方が見ごたえありです。

 

 

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404131103j:plain

 

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404131311j:plain

 

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404131419j:plain

 

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404131558j:plain

 

 

 

岩と岩の間を歩くのですが、谷の景色や岩の迫力がすごいです。

 

午後のツアーだったので気温はとっても熱く厳しかったけど、記録にも記憶にも残る散策になりました。

 

ちなみにウルルにも少しいましたがハエはこっちはまあまあ多いです。ハエ除けネットは必須かと。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404131937j:plain

 

 

最後はもう一度ウルルの日の入りを見て帰宅。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404132059j:plain

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404132144j:plain

 

 

f:id:summer_resort:20170404132205j:plain

 

 

f:id:summer_resort:20170404132226j:plain

 

 

 

何度見てもいいです、ウルル。

 

絵になります。

 

 

 

 

f:id:summer_resort:20170404132247j:plain

 

 

 

デジカメの機能で加工したのですが、これが今回のベストショット。

 

ウルルが真っ赤に染まっています。(染めました)

 

どうしても登頂したい場合は何日も宿泊される方もいますが、一日で魅力は十分に味わえますよ~

 

言葉の表現力が足らず、写真中心ですが、楽しい一日でした。

新婚旅行⑤'エアーズロック、sound of silence

アリススプリングスからわずか50分、いよいよエアーズロックへ到着です!

 

ぶっちゃけケアンズには行ったことがあったので自分が楽しむというよりもコアラちゃんたっとしたり、ワラビーさんなでなでしたり奥さんに楽しんでもらう場でした。

 

奥さんが嬉しそうにして、新婚旅行楽しんでくれている姿を見るのが1番楽しみでした。

 

でも次のエアーズロックは初めて行く場所なので景色を楽しんじゃおうと思っています。

 

 エアーズロックリゾートは1人の人物が経営しているリゾートで中には4つのリゾートがあります。

 

新婚旅行ということでその中でいちばんいい「sails in the desert」というホテルに泊まりたかったのですが、4ヶ月前に申し込んだ時にはもう予約でいっぱい。

 

その隣の「desert gardens hotel」に泊まることになりました。 

 

名前のとおり裏庭のようなホテルで窓の外には現地の植物のgardenが広がっています。

 

でも庭を見るなら景色が見たいなぁと思ってしまいます。

 

部屋の中にはアボリジニの絵画が飾ってあり決して広いわけではありませんがおしゃれな雰囲気。

 

 

 

 

 

到着後は夕方のツアーまで待つことができず、気温37度の中早速散歩へ。

 

徒歩で10分ほどにあるエアーズロックの見える展望台を目指します。

 

ちなみに日陰はなしです。

 

 

f:id:summer_resort:20170329224750j:plain

 

 

ホテルから歩いてすぐでこの絶景。

 

うわ~と思わず声を出してしまいました。

 

夕方に行ったsound of silence dinnerツアーではもっとウルルの近くまで移動して、夕暮れのエアーズロックシャンパンを片手に眺められます。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170328184520j:image

 

 

f:id:summer_resort:20170328184553j:image

 

 

 

時間帯によって岩の色味が全然違うんです。

 

一つの岩でも、とる場所、時間によって全く違う姿を見せるウルルにここからの2日間は魅了されました。

 

普段ダイビングしかしないので陸地への旅行がいまいち気持ちが乗らなかったことを申し訳なく思いますw

 

f:id:summer_resort:20170331212429j:plain

 

 

 

展望台からはウルルの反対側に見えるもう一つの世界遺産、カタジュタです。

 

ここには美しい夕日が沈みます。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170331212523j:plain

 

 

日が沈んだ後はいよいよディナーです。

 

ツアー参加者でテーブルを囲んで、砂漠でバイキングを楽しみます。

 

その後全てのライトを消して星空観察です。

 

ここで問題発生。

 

テーブルがお欧米人の席になぜか振り分けられてしまいました。

 

欧米人とは挨拶後に何とか、お互いの話などをしましたが、妻はほとんど会話に入れず。

 

自分がもう少し英語が堪能だったらうまく通訳ができたかもしれませんが、理解するのが8割、自分の気持ちを伝えるのが5割の自分もつらかったです。

 

 ケアンズは日本人ばっかりでしたがウラルでは英語の特訓になりましたw

 

でも本当に星は綺麗だったんですよ〜。

 

写真とっても写らなければ、言葉でも説明できません。なので是非みなさん行ってみて欲しいです!

 

f:id:summer_resort:20170331224100j:plain

新婚旅行⑤アリススプリングスという場所

5日目は移動日、アリススプリングスを経由してエアーズロックに入ります。そしてエアーズロックを眺めながらディナーです。

 

 

アリススプリングスってみなさん知ってますか?

 

 

恥ずかしながら自分は全く知りませんでした。

 

 

でもインターネットを利用しても情報がすっごく少なくて空港の地図も簡単には見つからなければ、空港内の店舗もほとんどわかりません。

 

 

ということで乗り換えの待ち時間を利用してアリススプリングス空港のレビューをしてみます。(このくらいからブログ作成がもう間に合わず実は帰国して書いています💦)

 

 

アリススプリングス空港はアルルから30分ほどのオーストラリアど真ん中にあります。

 

 

人口は3万人に満たない都市なので、あまり知られていないのは仕方のないことですが、エアーズロックの乗り換え地になっているのでそのために利用する人が多いみたい。空港には待機している人がちらほら見受けられます。

 

 

f:id:summer_resort:20170317200211j:image

 

 

アリススプリングスに到着した時の写真がこちら、空港の外はどこまでも続く低木の平原です。

 

ちなみに世界遺産いっぱいのジャングル地帯ケアンズの空港がこちら

 

 

 

f:id:summer_resort:20170317200212j:image

 

 

 

全然違います。

 

 

f:id:summer_resort:20170325231652j:image

 

 

f:id:summer_resort:20170325231659j:image

 

 

ここらからいよいよ乗り換え地となっている空港の内部です。

 

ぶっちゃけ中身は何もありません。何もなさすぎてなんとかなんとか賑やかにしようとしている感じがありです。

 

 

f:id:summer_resort:20170325231159j:image

 

 

 

f:id:summer_resort:20170325231206j:image

 

 

 

床のデザインはアボリジニのデザインでしょう、とっても綺麗です。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170325231233j:image

 

 

 

壁にはペタペタアリススプリングスの歴史?みたいなものが飾ってあります。

 

 

お店は全部で3つ

①つめはおみやげ屋さんです。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170325231252j:image

 

 

 

東海岸と比べるとやはりアボリジニ色が強く、工芸品なども結構売っています。

 

中央部は砂漠地帯でコアラはいないのですがそこはお土産やさん、ちゃんとコアラのTシャツも販売してる。。。。

 

 

②つめは一般的なコンビニエンスストア

 

 

 

f:id:summer_resort:20170325231441j:image

 

 

 

唯一、一般的でないこととすると砂漠地帯なのでお水がやや高いです。ペットボトル500mlを買おうとすると物価が高いこともあって500円近くします。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170328183128j:image

 

f:id:summer_resort:20170328183200j:image

 

 

天然水のバリエーションも豊富。

 

 

③つめはカフェ

 

 

 

f:id:summer_resort:20170325231449j:image

 

 

 

ここのカフェは乗り換え待ちのお客さんが多数で時間を潰せるようにと白くなっています。

 

大きなソファーもあるのでここを中心に時間を潰すのが1番です。

 

コンセントもあり。

 

ただ自分は色々空港のことを調べようと散歩に出かけてしまいました。

 

これがいちばんの間違いだった。

 

 

外にお店はないかと空港を出ます。

 

するととっても暑い。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170325231508j:image

 

 

 

カラッとしていますが日差しは暑い。最高気温は連日37度とかでした。

 

 

空港を出るとすぐに大木と平原、砂漠。

 

 

お店は全くありません。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170325231526j:image

 

 

唯一見つけたのガーデンと書かれた植物の生えたスペース。

 

 

とはいっても日陰が少なくとっても過ごせたもんじゃありません。

 

 

f:id:summer_resort:20170325231533j:image

 

 

 

f:id:summer_resort:20170325231224j:image

 

 

ガーデン自体は空港の目の前です。

 

やることないのではありましたが、あまりの暑さに数分で撤退。

 

その後再びカフェへ移動して時間を潰しました。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170325231558j:image

 

 

その1時間、やっとエアーズロックへ出発です。

 

 

f:id:summer_resort:20170325231803j:image

 

 

夜の書庫時のことも書こうと思いますが、思いの外長くなり疲れたのでまた次のブログに分けます。

新婚旅行④'気球とキュランダ

4日目はケアンズ最終日。

 

元々申し込んでいたのですが初日集合時にHISスタッフがオススメしていた気球ツアーへ。

 

小型飛行機とはまたみえる景色が違うので 良いとのこと。

 

ヘリコプター、水上飛行機、小型飛行機と乗ってきてこれで一通りの乗り物はコンプリートでしょうか。

 

ケアンズから1時間ほどでmareebaという場所に到着。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170322174412j:image

 

 

 

まだ明るくなる前で気球も真っ暗ですが、火をつけるとその時だけ明るくなります。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170324085155j:image

 

 

 

気球は2グループに分かれていて日本人グループは皆後半になるためまずは最初の気球を見送ります。

 

 

f:id:summer_resort:20170324085357j:image

 

 

 

明るくなってきたと思うとあっという間に出発。静か〜動くので気を抜くといつのまにかとても遠くまで上がってます。

 

 

f:id:summer_resort:20170324085909j:image

 

 

 

これはちょっと怖いなと思うくらい。

 

その後気球が着陸するポイントを追いかけて交代になります。

 

朝の集合から3時間以上かかりようやく気球に乗りました。

 

 

f:id:summer_resort:20170325070853j:plain

 

 

 

f:id:summer_resort:20170325070930j:plain

 

 

だんだん気球が上昇しています。

 

上に行けば行くほです、飛行機の景色は想像できるけど、気球の景色は想像できなかったから新鮮です。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170325070945j:plain

 

 

太陽が出ていると自分が乗っている気球の影が地面に映ります。

 

さらにのぼっていくと雲に気球の影が映る美しい景色も!下の写真は気球の周りに虹のような輪がかかりました。この現象を何というのかは残念ながらわからず。。。

 

 

f:id:summer_resort:20170325071746j:plain

 

 

 

f:id:summer_resort:20170324091326j:image

 

 

 

最高地点は高すぎます。。。雲の上。

 

飛行機と変わらない高さで怖いです。

 

約30分のフライトはとっても濃厚な時間でした。

 

 着陸後、最後はみんなで片付け。

 

これが結構きつい。バルーンの中の空気を全て抜いて、端っこから折りたたんでいきます。

 

気温30度以上ある中。

 

ここでどうして日本人が後半になったのかがわかった気がしました。

 

日本人なら優しいし、片付けも手伝ってくれるから。

 

前半だったのは、同じ状況では絶対に手伝ってくれないであろう中国人。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170324091339j:image

 

 

 

帰宅後ちょっと休んでキュランダツアーへ出発!

 

こちらはもともと1日ツアーの予定でしたが、日程の兼ね合いで半日に変更したので自由時間が少なくなっています。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170324235023j:image

 

 

 

キュランダへの移動方法は三つ。

 

車と鉄道とスカイレールです。

 

車でも行けるには行けるのですが、キュランダの見るべきポイントはなんといても大自然。

 

それを体感するにはスカイレールと鉄道を使用するのは一番です、ツアーもすべてがこの二つでの移動になっています。

 

今回は行きでスカイレールに乗り広大なジャングルを見下ろし、帰りは世界の車窓からのオープニングに使われた景色を眺めます。

 

f:id:summer_resort:20170324235035j:image

 

 

f:id:summer_resort:20170324235124j:image

 

 

f:id:summer_resort:20170324235222j:image

 

f:id:summer_resort:20170324235236j:image

 

 

鉄道は動きながら眺めることもできますが、途中に駅もあり10分くらい停車してもらえるので、ホームからゆっくり写真を撮ることもできます。

 

 

f:id:summer_resort:20170324235308j:image

 

 

こんな滝も見ることができますよ〜。

 

 

ケアンズで過ごした丸3日間、市内はあんま理解もとかする気にはならなかったけど、ツアーは日本では見れない大自然を体験することができてとっても楽しかったです。比較的近いしいいねケアンズ

 

翌日は初めて行く、エアーズロックへ移動です!

新婚旅行④ケアンズでポケモンgo

オーストラリアで奥さんがやってばっかりで困るのがポケモンgo

 

オーストラリア限定のポケモンガルーラがいるので確かにやりたくなる。

 

観光地にはポケストップもたくさんあり、やってみると日本よりも出現率がいい感じがします。

 

30歳超えたいい大人ですが自分も奥さんの横で少々。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170322154037p:image

 

 

 

ちゃんとガルーラゲットできました☆

 

ちなみに沖縄とオセアニア限定ポケモンと言われているサニーゴもゲット☆

 

 

 

f:id:summer_resort:20170322154039p:image

 

 

新婚旅行でも景色や街を見ながらポケモンgo、楽しんでおります。

 

 

 

新婚旅行③遊覧飛行と土ホタル

ケアンズ2日目は朝は少しゆっくりしてから小型飛行機での遊覧飛行へ。

 

 

昨年モルディブでリゾートまでの乗り継ぎに14人乗りの水上飛行機を利用しましたが今回はさらに少ない7人乗りの飛行機です。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170318213243j:image

 

 

 

f:id:summer_resort:20170318110923j:image

 

 

 

ケアンズ沿岸は川の濁りも混じって海は綺麗ではないのですが、出発して10分くらいですんだグレートバリアリーフへ到着。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170318111319j:image

 

 

 

はじめに見えてくる島はグリーン島です。

 

 

今回行きませんでしたがグリーン等に上陸して遊ぶツアーもあります。ワニもいるみたいです。

 

 

グレートバリアリーフモルディブと比べるとコーラルの面積が広いので写真には収まりきらないくらい。

 

 

f:id:summer_resort:20170318213245j:image

 

 

 

f:id:summer_resort:20170318213245j:image

 

 

 

f:id:summer_resort:20170318213245j:image

 

 

 

f:id:summer_resort:20170318213242j:image

 

 

 

f:id:summer_resort:20170318213243j:image

 

 

 

f:id:summer_resort:20170318213246j:image

 

 

偶然同じ飛行機では、living ciansというケアンズの日本人向けタウン雑誌の撮影が行われており、おにーさんと可愛いお姉さんが撮影していました。

 

 

ちなみにこの遊覧飛行ツアーは175オーストラリアドル、日本円だと2万円弱です。

 

 

過去にのった東京でのヘリコプターツアーに比べると断然安く、日本よりも物価が高いオーストラリアと考えるとかなりお得です。

 

 

時間も30分と結構長いしおすすめです。

 

 

その後は市街地でランチ後に街を散策しながら夕方を待ちます。

 

 

f:id:summer_resort:20170318213253j:image

 

 

先ほどの飛行機から撮った街の風景はかんな感じ。

 

周りはジャングルに囲まれているので街全体は非常にコンパクトです。

 

観光するところはその中の一部なのでショッピングセンターやお土産やさんは半日あれば十分に全部回ることができます。

 

食事はエスプラネードという海岸沿いの通りに集中しているので、ホテル以外ではそこにいくのがいいと思います。

 

 

f:id:summer_resort:20170318213243j:image

 

 

私達はThe Raw Prawnというレストランへ。

 

 

日本人が多い街だけあって、店員さんは簡単な日本語も分かり、パスタはとっても美味しかったです。

 

夕方からは土ボタルツアーへ。

 

蛍のように青く発光するキノコハエの幼虫なのですが、これがまた、集団で壁一面に発光するとのこと。

 

ケアンズのほか国内ではグレートバリアリーフ、その他ニュージーランド、バマフミアニューギニアと3カ国でしかまだ見つかっていないとのことです。

 

ネットで検索するとたくさん写真が出て来ます。

 

自分が行きたいなぁっと思ったのもツアーをネットで検索し、画像を見たのがきっかけでした。

 

ツアーのガイドさんもとっても親切で街中のこと、観光のポイントなどたくさん話してくれて、途中ディナーの際に素敵な星を見せてくれたり蛍以外もとっても楽しい時間が過ごせました。

 

「秋なのにこの数日全く雨が降らず雲ひとつないから星もとっても綺麗だよ」とのこと。

 

その後、土ボタルの説明もしてくれました。

 

「土ボタルは口から出す虫を捕まえるための粘液が空気中の水分と反応して青く光るんだ〜。だから小雨が降り続いて湿度が高い日の方がたくさん活動してるんだよ」

 

星とは違って天気が良くないほうが土ボタルは見れるとのこと。

 

つまりコンディションとしては非常に悪いみたいです。

 

不幸なことに土ボタルはほとんど現れず。ジャングルの壁一面に何万匹の土ホタルが観れる予定でしたがこの日はなんと4個。数えられるレベルでした。

 

でも、7泊10日の長い新婚旅行。

 

うまくいかないことの1つや2つは覚悟です。

 

その分、楽しいこともたくさんあると思ってまた明日のツアーを楽しみにします。

 

 

 

新婚旅行②ケアンズ、動物園とホテル

新婚旅行初日は飛行機の中で一泊。

 

飛行時間が7時間弱で機内食も出るし睡眠時間としてはあまり取れず。

 

午前2時過ぎにバナナパンを出すとのことでしたがさすがに眠いので前もって断っておきました。

 

空港に着くとそのまま観光へ、今回はhisのツアーです。

 

普段はhisを使うことはありませんが、ダイビングの時と違い一般的な観光が目的なので、大手を利用することにしました。

 

実際、his安いし、ツアーを利用して不便に感じることはありません。あえて言うならツアーに日本人がたくさん良すぎることでしょうか。卒業旅行シーズンというのもあり初日は40人での大移動、多いときは80人いるとのこと。

 

実際に車で40分ほど北に移動したhartley's crocodile adventuresという動物園へ。

 

 

自然と触れ合える動物園というのが売りみたいです。

 

朝食の時もトカゲなどがテーブルの脇にこんにちはします。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170315100744j:image

 

 

 

動物たちも可能なものは放し飼い。

 

オーストラリアを代表するカンガルー、ワラビーなどの固有種が中心に広場にいます。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170315100853j:image

 

 

 

 

f:id:summer_resort:20170315100759j:image

 

 

 

 

f:id:summer_resort:20170315101019j:image

 

 

 

とっても可愛いです。

 

 

無関心な奴もいるけど、ワラビーは近づいできて洋服をいじったりしてくれるので特に女の子には人気そう。

 

 

f:id:summer_resort:20170315100813j:image

 

 

f:id:summer_resort:20170316063605j:image

 

 

 

こいつが無関心なやつ。

 

 

初めて知ったのですがワラビーとカンガルーの中間のサイズはワラルーっていうそうです。

 

 

あともう1つの売りはワニの餌付け。

 

 

f:id:summer_resort:20170315101057j:image

 

 

 

生でみるワニの迫力を伝えるため、鶏肉を吊るしておびき寄せます。

 

ワニが鶏肉めがけて突っ込んでくると卒業旅行の若い女の子たちから歓声が、確かにワニって動物園に意外といないですね。

 

 

 

f:id:summer_resort:20170315101111j:image

 

 

 

 そのほかにもコアラの朝食食べて一緒に写真撮ったりできる時間もあったのですが、コアラとのツーショットばかり撮ってしまい、載せられる画像がなし💦

 

 

その代わり朝ごはんはしっかり写真撮ってありましたw

 

 

 

f:id:summer_resort:20170316063606j:image

 

 

 

オーストラリアは動物がいっぱいなのでそこがいいなぁと思います。

 

ちなみに行きのバスからも野菜のワラビーを見ることができました。

 

 

午後にはチェックイン。

 

 

今回の宿泊ホテルはシャングリラホテルです!

 

東京にあるシャングリラホテルをイメージするとちょっとだけグレードが落ちる感もありますが、ocean viewの綺麗なお部屋でした。

 

 

f:id:summer_resort:20170316063607j:image

 

f:id:summer_resort:20170316063607j:image

 

 

 

ベットも部屋の壁も青をベースとしたおしゃれなデザイン。

 

1番嬉しいのはUSBパートがたくさん室内にあること、変換プラグを使わなくてもケータイ、デジカメ、バッテリーなど一気に充電です。

 

 

f:id:summer_resort:20170316063607j:image

 

 

 

f:id:summer_resort:20170316063605j:image

 

 

 

街中をかるーく観光したあと、最後はディナーへ。

 

 

 

ホテルの部屋がocean viewですからホテルのレストランももちろんocean viewです。

 

 

オーストラリアらしくAussie beefを堪能。

 

 

f:id:summer_resort:20170316063604j:image

 

f:id:summer_resort:20170316063605j:image

 

 

 

トリップアドバイザーGoogleに載せるためにいろいろ撮影しています。

 

 

写真撮るのもちょっと上手くなったと勝手に思っていますw

 

 

 

f:id:summer_resort:20170316063604j:image

 

 

内容が盛りだくさんだった社日が終了し、翌日は遊覧飛行と土ボタル観察に行ってきます。