読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と海とサッカーと日常のdialy

文章力のない自分が成長していくためのブログです。

期日を作ってメリハリのある生活を

仕事
このところ考えているとこがもう一つ。


仕事をもう少し早く終わらせるとこはできないか。です。


日本には夜遅くまで残って仕事をすることをよしとする美徳のようなものがあるように感じます。


うちの職場は特にみんな仕事が終わるのが遅い。


よく分からないけど事務とかが9時くらいまで残っていたり、リハビリが8時過ぎまでなんかやってたり。


なにやってんのかなって思ってしまいます。


仕事って短い時間で区切って、期限を設けて仕事をしたほうが能率が上がると思う。


ただ、自分も8時、9時まで残っていることがよくあります。。。。


そして最近内科の先生に、そんな遅くまでなにやってんのかなって思われているそうです。



そして正直、内科の先生にそう思われているのが気にくわない。


外科医として内科医を見下してるのがあるのかもしれませんね。


暇が悪いとは思わないけど、同じ仕事してから発言して欲しい。


やっぱり見下してます。


この暇人がと。


ちなみにとてもよくしてくれる大学の先輩ですがそれでも見下しています。


ただ紳士に受け止めるとやれることがあるんじゃないかなとも思っています。


1日の中にもっと時間の区切りを細かくつけて仕事のノルマを設定する。
(救急車が来てそのノルマも崩れるのですが、、、)


結果仕事がもう少し早く終わればと。


期限やノルマを作ることには賛成です。


医学論文を読むのも、学会抄録を書くのも、論文を書くのも学会スライドを作るのも、期限がないとダラダラ伸びて、できたものの質も決して高くないことがほとんどです。


今日なんか抄録の提出日だったのですが、1週間でたくさんの英語論文を読んで一応完成して、指導医もその日のうちに添削してくれて、詰め込んだ知識をフルに使い込んだ内容の濃いものになりました。


辛いには辛かったけど。


期日があるほうがメリハリがついてなんでもいい作品になります。


ちなみにそれを守れない人はどうしようもない。