読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と海とサッカーと日常のdialy

文章力のない自分が成長していくためのブログです。

マラパスクアのウミウシ。

先週の海外旅行、マラパスクアではニタリザメをおもにみにいったけど、マクロが結構よかった。

その中でも特に種類が多くて面白かったのがエビとウミウシ

今日はウミウシについて紹介。

今回は初めて見るウミウシもたくさんいました。


f:id:summer_resort:20150928194140j:image
ベニゴマリュウグウウミウシ
初めて観察


f:id:summer_resort:20150928194156j:image
アカフチリュウグウウミウシ


f:id:summer_resort:20150928194213j:image
トサカリュウグウウミウシ

模様も色合いもなんとなく似てて、個人的には今回の中で一番好きな三種類。

ベニゴマは初めて見たけどいろいろ見てたので最初は違和感くらいにしか感じていませんでした。後で写真並べてみたら初観察。


名前が似てて同じ属なのだろうけど全然違うものもいる。


f:id:summer_resort:20150928195452j:image
ミラーリュウグウウミウシ


日本でもよくいるけどいつ見ても綺麗なのはこれ

f:id:summer_resort:20150928201451j:image
シンデレラウミウシ


f:id:summer_resort:20150928204339j:image







これはもうおっきくてよく分からない。。。

f:id:summer_resort:20150928204443j:image


みんながウミウシって名前が付いているわけじゃない。

ウミウシ科と〜ミドリガイ科がある。
f:id:summer_resort:20150928201533j:image
コノハミドリガイ

あまり自分も詳しくないけどこれも一応ウミウシの本に出てくる。


あんまり人気のないから出さなくてもいいけど一応紹介。


f:id:summer_resort:20150928202554j:image
イボウミウシ系。他にもたくさんいたけどでき亀に封印したままにしています。

ただこのイボウミウシだけは種類がよく分からず。


コイボウミウシとはちょっと違うなって思っていたけど、触覚が黄色だし。

イボではないようにも見える。

f:id:summer_resort:20150930225354j:image

こっちの方が一般的。


ねむいので列挙して終了。紹介しきれません。。。



f:id:summer_resort:20150929202946j:image



f:id:summer_resort:20150929203012j:image



f:id:summer_resort:20150930225445j:image



f:id:summer_resort:20150930225455j:image



f:id:summer_resort:20150930225624j:image



f:id:summer_resort:20150930225605j:image