読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と海とサッカーと日常のdialy

文章力のない自分が成長していくためのブログです。

CS鹿島vs浦和

サッカー 鹿島

すでに2日経過してしまいましたが、応戦する鹿島のチャンピォンシップに行ってきました。

 

 

浦和のホーム、埼玉スタジアムです。

 

 

 

f:id:summer_resort:20161205010303j:image

 

 

 

幼稚園から大学まで浦和で過ごしてきた自分としては、よく行った懐かしいスタジアム。

 

 

好きではないけど浦和の試合はたくさんみにいきました。

 

結局20年以上住んでて好きになれなかったw

 

守備からしっかり入るってサッカーのほうが自分のサッカースタイルにもあってたせいでしょうか。

 

jリーグ観戦から離れる時期があっても、大学受験とかでサッカー全くみなくなっても、鹿島ファンのままでした。

 

 

f:id:summer_resort:20161205010309j:image

 

 

浦和のホームも昔ほど満員になることはなくなったので、久々の超満員です。

 

好きじゃないけど浦和のサポーターはやっぱりすごい。

 

多分この中にも地元の友達がたくさん潜んでいるであろうゴール裏。

 

 

f:id:summer_resort:20161205010314j:image

 

 

一方アウェーはお決まりのわずかな応援スペース。

 

 

f:id:summer_resort:20161205010323j:image

 

 

この日は鹿島の旗がたくさんあって、かなりもりあがっているようでした。

 

ちなみに観戦している場所は100人中鹿島ファンは数名、圧倒的浦和のホームです。

 

 

f:id:summer_resort:20161205010329j:image

 

 

試合はニュースでやっている通り鹿島の逆転優勝。

 

f:id:summer_resort:20161205010341j:image

 

 

開始に失点した直後はかなり厳しなって思ったけれど、徐々にながらを引き寄せ逆転しました。

 

あんまり戦術動向を偉そうに話すほどの人間じゃないけど、時間が経つにつれて浦和が中途半端になってきた印象でした。

 

浦和も失点数が少ないチームだけど、強固な守備ではなくて、試合を支配して圧倒する形です。だからしっかりと守ってゴールにフタをする印象はない。

 

 

交代カードも高木を外して青木を入れたけど、逆にボール回しに陰りが見えて支配率が落ちた印象でした。

 

 

守った中でズラタンなら前線1人でもキープや得点が取れるって感じなのかなぁとも思うけど

、興梠がいなくなってボールの引き出しも悪くなった印象でした。

 

 

あっという間に三枚の交代カードを使い切った浦和は「勝ち越されたら手がないんじゃないかなぁ」って思っていたらまさにその結果。

 

 

まぁ鹿島ファンとしては楽しかったです。

 

最後に鹿島側をチラッと。

 

f:id:summer_resort:20161205010334j:image

 

 

試合1時間前から満員でした。

 

 

このまま勝ち続けるとCWC、天皇杯と合計7試合。

 

また時間を見つけて試合を見に行けそうです☆