仕事と海とサッカーと日常のdialy

文章力のない自分が成長していくためのブログです。

睡眠時間を確保することの必要性

もっと夜遅くなることはあるけど、やっぱり仕事に支障をきたしてしまうのはよくないです。

 

昨夜は仕事の同僚と学生時代の同級生やらと飲み会。

 

4年ぶりくらいにあったので、平日から1時過ぎまで飲んでしまいました。

 

明日6時前にいつも通り起床すると、もう4時間ほどしかねれず。

 

いつも三時間睡眠の人もいるのでしょうが、自分は6時間睡眠でもちょっと翌日はきついです。

 

仕事はなんとかやり遂げましたが、途中集中力が低下する場面がちらほら。

 

もう学生じゃないので睡眠時間だけはしっかり自己管理したいのですが人間関係がそうさせてくれません。

 

職場本社に戻ってきて2年目、これが1番な悩みです。。。

 

 

 

ちょっとネットを調べて見ると

 

  • 広範囲に渡る研究の結果、分岐点は7〜7.5時間あたりにあることがわかりました。専門家たちは、成人の95%が最大限機能するためには、毎晩7〜9時間の睡眠が必要だと考えています。

言い換えれば、成人の95%は、毎日の睡眠が7時間以下になると、精神的、身体的なパフォーマンスが低下するということです。

「ライフハッカー[日本版]」より引用

 

 

  • 脳の機能を下げる原因となる

1日寝ない日があると、体が完全に元に戻るまでに何日間も時間を必要とします。例えば、朝まで飲み会をしていた時の翌日は1日何もできずに寝続けてしまい、更にその翌日も何となく体がだるく頭がぼーっとしてしまうという経験があるという方も多いのではないでしょうか。

睡眠が体に与えるダメージは1日だけでもこれだけ大きなものであり、それが数日間、数ヶ月間、数年間と長く続けば続く程、その悪影響も大きなものとなります。睡眠不足だと判断力が低下しますが、6時間睡眠を続けて通常よりも注意力が無いその状態が続けば、脳もそれが普通であると思い込んでしまい、脳の機能がどんどん低下してしまいます。

「グッスリ」より引用

 

 

さらには体重にも影響がでるとのこと。

 

  • 睡眠が減れば、エネルギー消費量は変わらないのに、食欲を抑えるホルモンが減って空腹感が増すため、食べる量が増え、体重も増える

http://www.asagei.com/excerpt/75171

アサヒ芸能プラスより

 

 

睡眠がちゃんと取れると自分が普段できないことがそんなに努力しなくてもできる気がしてなんだか羨ましい。

 

ダイエットも仕事も勉強も頑張るけど、睡眠もちゃんと取ることを心がけようと思います。